画像の説明 ~自然素材にこだわる


●無垢材フローリング

画像の説明

無垢フローリング材は年数を経ることで、より味のある風合いになっていきます。
また素足に触れる木のぬくもり、天然木の香りが五感を刺激し、子どもたちが感性豊かに育つと言われます。
アートホームズの家は厚みのある良質なパインフロアをはじめ、オーク・カバ桜・ウォルナット・メイプルなどお好みに合わせた無垢フローリングをご提案。素足に優しく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して暮らせる空間を提供します。

弊社ショールームで実際に手で触れて、現物をお確かめいただけます。


無垢材フローリングと合板フローリングの比較



一般的な住宅に使われているのが合板フローリングです。
合板の上に突板を張ってあるもので表面を塗装がしてあるので硬い足ざわりでベタつく感じ
で冬に冷たく感じます。最近は突板でなく木目も印刷されたビニールシート張りのフローリングが増えてます。
調湿性能が乏しく、大きなダメージ(キズなど)を受けると補修が難しく、劣化すると見栄えが悪くなります。

217004_(2)


無垢材フローリング合板フローリング
・調湿効果が高い・調湿しない
・サラっとした感触、冬は温もりを感じる。・硬い足ざわりでベタつく感じ、冬は冷たい。
・傷がつきやすく、反り、隙間ができやすい。
たたたた (浅いダメージなら補修が簡単)
・傷や反りに強い。(補修は難しい)
・経年の焼けやキズが味になる・劣化すると見栄えが悪くなる
・高価・お手頃価格

●塗り壁

天然素材にこだわった塗り壁材「ピアコート」

「塗り壁にしたいけれど高いから・・・」今までいろんな方からそんな声を聞いてきました。 その答えが「ピアコート」です。
天然素材にこだわった塗り壁材「ピアコート」は、日本では採取の難しい、ドイツ製「天然ミネラルファイバー」を加え、 従来の塗り壁材の強度を大幅に向上させました。今まで扱いづらいと思われていた天然系塗り壁材のイメージを変えるこれからのスタンダードです。

画像の説明

左官職人の手により生み出される、様々なパターンのやわらかなコテ仕上げの塗り壁。
アートホームズの家で使用する塗り壁は、ホルムアルデヒドなどの匂いや有害物質を吸着しお部屋の空気を浄化する作用があります。
耐久性が高く、軽微な汚れは紙ペーパーで擦れば簡単に落ち、補修も簡単です。ビニールクロスのように5年から10年くらいでの張替えの必要もなく、住まいのメンテナンス・ランニングコストを大幅に削減できまで、「いつまでもきれいで快適環境を生み出す」アートホームズが塗り壁にこだわる理由です。