アートホームズの家の特徴

静かな家・セルロースファイバーによる吸音・遮音性

このページの目次

セルロースファイバーによる吸音・遮音性

断熱だけではない・セルロースファイバーの防音性能(吸音・遮音)

セルローズファイバーのような繊維質の断熱材に音が入ると、繊維同士が激しく振動して、摩擦を起こし、音の振動エネルギーが(摩擦)熱エネルギーに変換されます。このうよな現象の中で、吸音という効果が生まれます。

また、 音を遮る(遮音)ためには、重量が高いほうが音を遮る(遮音)事ができます。
壁の重量をもって振動そのものを伝えないようにすることが必要です。

セルローズファイバーは、壁の中にぎっしりと施工されるため、壁一枚でもかなりの重量になります。車の音や話し声などの騒音を吸収し、外側から室内へ伝わる音をやわらげます。 その防音効果は、アメリカで空港周辺の吸音材として使われるほど優れています。

画像の説明

画像の説明

住まいのストレス№1は騒音(音の問題)!

建売住宅を買われたオーナーさんから隣の生活音や声が聞こえると良く相談を受けます。
車や電車などの交通の騒音、近所のペットの鳴き声が気になって眠れなかったり、ピアノの音など騒音に悩まされた経験はありませんか?

画像の説明

「静かな家に住みたい」、マイホームの絶対条件にもかかわらず、残念ながら日本の家づくりにおいておろそかにされている点の一つです。

静かな家(防音仕様)は標準外(オプション)、つまり「特別なニーズ」とされ、多額の追加費用を出さなければ手に入れることが出来ないのが実情です。

アートホームズのダブル断熱の家はセルロースファイバーなどの付加機能で標準で
静かな家(防音仕様)をご提供してます。
お引渡しをしたお施主様からは「雨が降り出すのが気が付かない!!」とうれしいクレームを頂いております。