アートホームズの家の特徴

ダブル断熱の壁

このページの目次

ダブル断熱の壁

健康を守り、お金がかからない家



家を建てるとき、何に一番こだわりますか?

多くの方は、間取り、デザイン、価格、設備などだと思います。

これからはぜひとも抑えておいて欲しいポイントが「断 熱」です。

「断 熱」

断熱とは、建物の外壁や屋根や窓などから、熱の侵入や室内の熱の流出を防ぐことを言いま
す。具体的には冬なら暖かさを逃さないように、夏なら暑さが入らないように、冷房で冷やした空気を逃がさないようにすることです。

アートホームズはダブル断熱の壁

体感してみないと良くわからないと思いますが、ダブル断熱の断熱性能が優れた家では、外の環境に関係無く、冷暖房の力などをほとんど借りずに、快適な室温と湿度を家中で1日中キープできます。あとで詳しく解説しますがこれまでの家では室温はある程度コントロールできても、湿度のコントロールはできませんでした。

画像の説明

例えば、真夏日(最高気温が30℃以上の日)。
一般の家では、エアコンをガンガンにかけたリビングは涼しくても、リビングを一歩出ればムンムンと蒸し暑く、2階に行くのが嫌になります。

ところが、ダブル断熱の断熱性能が優れた家では、エアコンの力をほとんど借りなくても、廊下もトイレも2階も、家全体がほぼ一定の温度と湿度に保つことができます!

そこで、ダブル断熱の断熱性能が優れた家を建てることで、快適で、健康的で、エアコンの電気代を気にする事がない、ヘルシー&エコな生活を実現できます。

ではどのようにすれば断熱性能の高い家を建てるには?
「どの断熱材が良いのか?」を解説いたします。


断熱材と断熱方法

外断熱?内断熱?それとも…

断熱は、一般的に「内断熱(充填断熱)」と「外断熱(外張断熱)」に分けられます。
内断熱と外断熱はどちらが優れていてどちらかが劣っているということはなく、 それぞれにメリットとデメリットがあります。
※建築的には充填断熱、外張断熱というのが正しいのですがわかりやすいように当ホームページでは
「内断熱」「外断熱」と表現させていただきます。




画像の説明

内断熱(充填断熱):

柱と柱の間などに断熱材を入れる方法

[メリット]

●比較的安価で施工可能。
●施工が簡単なので施工できる工務店が多い。
●断熱材の種類が豊富。

[デメリット]

●断熱材の間に隙間ができやすく、内部結露が起こりやすい。
●柱などの構造体の部分は断熱材が入らないので、その部分から熱損失がおきやすい。

外断熱(外張断熱)

建物を外側から覆うように断熱材を施工する方法

[メリット]

●断熱材が途切れないので熱損失が少ない。
●気密性能が高くなる。
●結露がおきにくく、柱などが痛みにくい。

[デメリット]

●コストが高いことが多い。
●外装材の種類が限定される。


内断熱、外断熱それぞれにメリット・デメリットがあります。

アートホームズでは、内断熱のメリットと、外断熱のメリットを

持ち合わせた「ダブル断熱」を採用しております。

断熱材の種類

ほとんどの家がグラスウールを採用している

断熱材の種類には、グラスウール、ロックウール、現場発泡系ウレタンフォーム、セルロースファイバー、、羊毛断熱材、フェノールフォーム、押出法ポリスチレンフォーム(XPS)、発泡スチロール(ビーズ法ポリスチレンフォーム)、硬質ウレタンフォームなど、断熱材には色んな種類があります。日本のほとんどの家がグラスウールを使用してます。

グラスウールについて

グラスウールの歴史は古く、多くの現場で断熱材、防音材として使われています。

グラスウールとは、長さの短いガラス繊維でできた綿状の素材のことで、安価なために
非常に多くの現場で使われてきました。正しい施工すれば問題のない断熱材なのですが
現場に正しい施工方法が伝わっているとはいい難く、各地で施工不良から来る、結露の
問題が発生して、構造体をいためるケースが数多く報告されてます。

グラスウールの欠点は湿度調整が苦手、湿気や水分を吸い込みますが、湿度調整ができないために壁内に結露が発生すると、壁内部に施されたグラスウールが結露水を吸収してダニやカビ、腐敗菌発生の原因となることがあります。
ダニやカビ、腐敗菌の大量発生は、人体に悪影響を及ぼすだけでなく、建物そのものの寿命を短くすることにもつながります。解体やリフォームの現場でカビで黒くなって下に落ちたグラスウールや腐った柱などを良く見かけます。


内断熱にセルロースファイバーを使用

最強断熱材「セルロースファイバー」

画像の説明

セルロースファイバーは、天然繊維(パルプ)で出来た断熱材です。
新聞紙をリサイクルして作っているので、住む人と地球環境に優しく、製造もエネルギーを多く消費しません。
アメリカでは最もポピュラーに使用されています。

セルロースファイバーは他の断熱材にはない優れた付加機能を持っています。

断熱性
高い断熱性により、夏は涼しく冬は暖かい家を実現する
エコ素材
リサイクル素材、地球や人に優しいエコロジー資源である
調湿性
調湿性能があるので湿度を快適にキープ
結露
結露やカビを予防でき、家が腐ることを防ぐ
防虫性
シロアリやゴキブリといった害虫予防ができる
防音と遮音
高い防音性能で静かな家を実現
防火性能
火事に強い、有毒ガスを出さない

詳しくは セルロースファイバーとは

外断熱に外断熱システム「フォルテ」を使用

南極昭和基地にも採用の断熱材

熱を逃がさない、夏涼しく冬暖かい家。
住宅寿命を延ばす、外断熱システム「フォルテ」がつなぐ暖かい家と温かい家族。
画像の説明
外断熱システム「フォルテ」は外壁塗り下地材と断熱材を一体化した外壁材のフォルテボードに、 弾力性が高く強靭な塗り壁材ディバネートで仕上げた外断熱システムです。フォルテボードは保温にとてもすぐれた性能を持っています。
フォルテボードで家全体を囲い込むことにより、熱の出入りを抑え、高断熱の家を実現します。 また、他の断熱材(ウレタンなど)と違い透湿する性能をもっているため、日本の気候に適した断熱システムといえるのです。