画像の説明

ペットもシックハウス症候群

最近、ペットが新築の家に引っ越してから、元気がなかったり、イライラしたり、皮膚炎や
涙目になったりするという話を良く聞きます。
もしかしたらシックハウス症候群が原因かもしれません。

人間のシックハウス症候群は良く知られてますが、実はペットにも同様の健康被害が報告されています。しかも、人間よりも敏感なのです。

シックハウス症候群てなに?


新築やリフォーム後の家に入ると目がチカチカしたり、涙や鼻水が出たりすることはありませんか?
原因はフローリングや壁材などの建材に使われる接着剤や塗料、家具などから放散される揮発性有機化合物類による室内の空気が汚染です。人間だけでなく、同様に犬や猫からも症状が出る事がわかっています。

だ~るい~


ペットは大変!

床材や壁材などの建材に使われる接着剤や塗料、家具などから放散される揮発性有機化合物類は比重が重い化学物質なので床面に下りてきて広がります。そして、ハウスダストと同じように停滞しています。
人よりも、床面により近い犬や猫などは、化学物質などで汚染された空気の中で呼吸していることになるため人よりも影響が出やすいのです。

涙や鼻水はシックハウス症候群の初期症状。
症状が進むとめまいや頭痛、呼吸器疾患など重症になることも・・・

せっかくの新居やきれいにリフォームしても、ペットの健康を知らないうちに蝕んでいるとしたら、悲しいことですよね。


換気装置があるから大丈夫?


最近の家は換気装置の備え付けか義務付けされてます。これは根本的な有害な化学物質の対策には手を付けずに、換気装置をつけることで、シックハウスの原因を軽減させる方針です。
放出を続ける有害な化学物質に対して有効とはいえません。

窓辺

では、換気や空気清浄機はどうでしょうか?
換気装置の備え付けか義務付けされてからは通風とかに気を使わない設計が増えてます。
窓を開けて換気という生活ができにくい家が増えてます。窓を開けても風が通らない家です。
また、空気清浄機は機械の周りの空気を改善させるぐらいの能力しかありません。
汚染された空気が停滞するだけです。

ペットの為の自然素材選び

ペットの健康を一番に考える専門家の助言の元に自然素材を使って化学物質の発生源を減らしたり、有害な化学物質を吸着・除去する建材を厳選しました。
ペットを家族と考える方に、自然素材を利用した新築、リフォームをおすすめいたします。

また、足腰にトラブルを抱えるワンちゃんが増えています。
室内を走る愛犬には、滑りにくい無垢材が適しています。

ビニールクロスやビニールシート張りの建具や床材はペットに良いわけがなく、有害な化学物質を吸着・除去する漆喰などの壁材が最適です。

使用する、塗料、接着剤などにも気を使うべきです。

ペットに優しい家は人にも優しい

ペットが心地よく生き生きと暮らせる空間はは、人間にも心地いい空間です。

言葉が話せないペットの為に、餌にこだわるだけでなく、住む環境にも気をつけてあげるのが飼い主の責任だと思いませんか?


ともに過ごす

ペットの健康にも優しい天然素材、漆喰の家

有害物質から受ける影響は、実は人よりも体の小さなペットの方が深刻です。
厳選した無垢材で建てるアートホームズの家は、人はもちろん、ペットの健康にも優しいのが魅力です。漆喰施工の家は、有害物質だけでなくニオイも吸着分解してくれるのでペットの匂いも気になりません。もっと酷い焼肉の匂いも次の朝には消えてます。
また、セルローズファイバー断熱材のおかげで冷暖房効率もよく、夏も冬もペットも快適に過ごせます。

戻る