画像の説明

住まいを蝕む結露

住まい 結露の弊害

画像の説明

結露とは・・・急に温度が下がると空気中の水蒸気が水になるもの。

水蒸気を含んだ空気が冷たいものに触れて急激に温度が下がると、空気に含まれていた水蒸気が水となってその表面あらわれる現象が結露です。8℃から10℃くらいの温度差から発生します。

結露は「冬」に発生というイメージですが・・・

画像の説明

外気温が下がり、外壁やガラスが冷やされます。そうすると室内側のガラスや壁に結露が発生します。これがよく見る結露ですね。
結露は「冬」に発生というイメージですが、ある程度の温度差があれば夏でも起こります。
夏場は外気温が高くなり、室内はエアコンで冷やされます。そうすると熱くなった外壁から熱が室内側に伝わり、壁内の外壁に近い部分で結露が発生します。これが夏型結露(内部結露)と呼ばれてます。

結露を放置するとカビが生え、アレルギー・ぜん息など健康面でもリスクが高まる

画像の説明

結露で濡れた壁や窓枠などを放置しておくと、カビが発生します。カビは様々な病気の原因となると言われていて、健康面で問題が多く、人体に悪影響があります。
また、喘息の原因物質と言われているダニはカビを餌としており、カビが増えるとダニもふえるという悪循環が起こります。結露が喘息を引き起こすリスクを抱えています。
とくに年配の方やお子様には要注意です。

合板や構造材は長い期間、結露にさらされると強度が低下する

画像の説明

結露水によって長期間、水分にさらされると、木造住宅にとっては大敵。
とくに薄い合板でできている押入の床などは、長期間に結露にさらされると、ばらばらになって、紙のようにもろくなります。構造体ももろくなり初期の強度を失ってきます。
またコンクリート造の住宅でも同様に劣化の心配があるます。
まだ、記憶に新しい熊本の地震で新基準耐震構造のの家の多くが倒壊したのも、結露による構造材の強度の低下が一因と言われてます。

見えない結露・・・・「内部結露」

画像の説明

家の窓ガラスや壁に結露を発見したら、家の壁の中にも同じように結露が発生しています。
これを「内部結露」と呼びます。直接、目視することができないので厄介です。
内部結露が発生しそうな場所は壁、床下、天井です。ほとんどの場合、気づきません。
気づくようになれば、木材が腐ってくる、金属ならサビてきます、そしてクロスにシミとなって現れてきます。こうなると間違いなく家屋の寿命は縮みます。

「内部結露」のメカニズム・・・


●冬場、壁の中はこんな状態!!

画像の説明

画像の説明

室内で発生した水蒸気は冷えている壁にぶつかるとその場で結露となります。これが「表面結露」というものです。水蒸気の粒は小さいので極僅かな壁の隙間やビニールクロスや防湿シートをすり抜けてしまいます。(ビニールクロスや防湿シートなどは拡大して見ると小さな隙間が存在します。)

壁の中に侵入した水蒸気は温度の低い空気に触れる(特に外壁に近い部分)ことで結露します。理論上は断熱材が隙間なくしっかりと施工されていれば結露は発生しにくいのですが
ほとんどの日本の住宅で使われているグラスウールは形状的にも隙間ができやすく、正しい施工方法もされていないところが多いので多くの隙間が発生しており、その隙間で結露が起こります。
発生した結露は溜まっていくと水となり、断熱材が吸い込んでいきます。水を吸い込んだ断熱材は能力が低下しカビやダニ、腐敗菌を発生させることとなります。