家の買い方を見直しませんか

画像の説明

いくらまでの家なら買えるか?」家が欲しいと思う人なら考える問題ですね。
今ではパソコンでご自分の年収を入れれば、月々に支払い可能な金額や借り入れできる金額が出てきます。
これを参考にしてハウスメーカーで
あなたは○○○○万円までの家が買えます
と答えを出してくれます。
でも、待って下さい・・・このようなアドバイスを鵜呑みにして、
購入する家の値段を決めて良いのでしょうか。


いくらの家なら買えるか

画像の説明

マイホームの購入予算は、家づくりをする上で最も重要な条件の一つです。
「いくらの家なら買えるか」ですね。
一般的に住宅ローンの年間返済額は、年収の25%以内が安心ラインと言われています。
これは銀行などのお金を貸してくれるところが「この範囲内の借金返済であれば、おそらく借り手は返済できるであろう」と見積もるものです。
単純に年収から割り出されたもので、借り手のライフスタイル、家以外にお金が必要となる部分、将来設計などは全く加味されていません。月々決まった金額を返済してくれれば良いのです。
「山田塾」では、家以外にお金が必要となる部分、将来設計などもプロの話を聞きながら学んでいけます。

本当の意味で「いくらの家なら買えるか」知りたければ「山田塾」にご参加下さい。


意外とかかる家を建ててからのお金

家を持てば、税金や維持費がかかります。
税金はわかりやすいですが、維持費については実感がわかないものです。
維持費は大きく分けるとランニングコストとメンテナンスコストになります。
ランニングコストは毎月の光熱費や水道代などですね。毎月の光熱費については家の断熱性能の違いで月に数千円から数万円の差が出ます。
メンテナンスコストについては10年おきくらいに、数十万から数百万円の費用が必要となります。
これは建てた家の使われている建材によって費用は違ってきます。
「山田塾」では、断熱の事やメンテナンスコストのかからない建材についてもプロの話を聞きながらしっかりと学ぶことができます。


今までに無かった家づくりの相談会です

今までの家づくりの相談会は建築会社の立場に立った相談会がほとんどでした。
建築については詳しくわかりますが一番知りたい、どんな土地を買ったら良いのか?という不動産の事や、どこでお金を借りたら有利なの?金融やローンの事はほとんど扱われていません。
アートホームズでは不動産のコンサルティング会社「山田資産」のサポートで一番知りたい事から学んで行けます。
不動産や建築については一般の方にはわかりにくい事も多く、知っていれば無駄なお金を払わなくて良かったと言うことは多々あります。
知って得する家づくりの相談会を開催してます。


他社とは一味違う「家づくりの相談会」

以前から、「わざわざ自宅に来ていただくと気が引けるので、家づくりについて、気軽に話し合えるような相談会は開催していないのですか?とか、相談会を開催しているのであれば、ちょっと相談してみたい事が有る」というお声を頂戴してました。
これまでに家を建てさせていただいた「お施主様」には、不動産コンサルティングマスターでもある社長のアドバイスは好評で、つづいてお施主様の友人様や親戚の方の、相談をお受けしたりしておりました。ぜひとも「家づくりの相談会」を本格的に開催して欲しいと言うご意見を受けて、弊社では常時、家づくり相談会 山田塾を開催させていただいております。