画像の説明

断熱リフォーム+水回りパックリフォームで

00000000000住み慣れた家が最新の住宅同等に生まれ変わります。


断熱リフォーム

2020年から断熱の基準は大きく変わり、強化されます。高断熱の家でないと建てられなくなります。
高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。
壁・窓・屋根などから熱が逃げないように「断熱」してあると冷暖房がよく効き
省エネルギーで「夏涼しく」「冬暖かい」住環境が実現できます。
熱中症やヒートショックなどから家族を守ってくれます。

これまでに建てられている家でその基準を満たしている家はわずか5%です。
断熱リフォームで最新住宅同様の快適さを実現できます。
これからは内装・水まわりだけではなく、断熱性能の改善が必要となるのです。

画像の説明



約95%の住宅は

「次世代省エネ基準」

を満たしていない

断熱が不十分な寒くて暑い家



建て替えなくても

「古い家だから」もうダメと暑さ寒さを諦める必要はありません

画像の説明

断熱リフォームをすると、家が”魔法瓶”のようになり、
つけたエアコンの効きが良くなり
冷気・熱気を逃がさず、外からの冷気・熱気が
伝わりづらくなります。
冬、足元だけが寒い、
夏、壁や窓から熱気を感じる、
エアコンが適温になるまでに時間がかかる…
「古い家だからと」我慢していませんか?

断熱リフォームで、オールシーズン、快適に過ごしましょう。

光熱費が安くなる

断熱リフォームでびっくりするほど、光熱費が安くなる!

断熱リフォームの大きなメリットとして
「光熱費の削減」があります。
もし、ユニットバスも高断熱仕様、高断熱浴槽を選べば一層の光熱費削減ができます。
画像の説明


例えば、無断熱の住宅と次世代省エネ基準(2020年新基準)の住宅を比べると、
冷暖房費は年間で約7.5万円も安くなるのです。

画像の説明

家族が健康になる!!

ヒートショックによる事故や、足元の冷えからくる、体調の不調を改善できます。
断熱リフォームは部屋の温度差をなくし体の負担を軽減する環境を実現します。

画像の説明

交通事故の死亡者よりも、家庭内でのヒートショック等の死亡者の方が多いといわれてます。
冷暖房費も大幅に抑えられて、光熱費ランニングコスト低減にもなります。