耐久性なら瓦が一番

屋根は快適な毎日の生活を支える、大切なパートナー

画像の説明

現在はほとんどの家が「化粧スレート」を採用してます。
「カラーベスト」「コロニアル」「スレート瓦」などとかと呼ばれてます。
化粧スレートは厚さ5mm程度の薄い平たい塗装セメントの板です。
耐久性が悪く、10年おきの塗替え、30年後には張替えが必要となります。

瓦は丈夫でほとんどメンテナンス費用もかからず、60年から100年(それ以上の耐久性)としっかりとマイホームの屋根を守り続けます。

化粧スレート
初期費用瓦を100として50くらい費用が少しかかります
10年後塗り替え約70万円点検のみ
20年後塗り替え約70万円点検のみ
30年後張替え・足場代約120万円点検のみ
画像の説明

30年で比較すると瓦のほうが210万円お得な計算!!
瓦はまだまだ使えるのでお得感は続きます、しかも丈夫


瓦は地震に弱いと聞きますが?

ガイドライン工法に基づいた施工なら地震対策もバッチリです。
熊本地震や東日本大震災クラスの地震の揺れにも
耐えることが実証されてます。
耐震性の優れた構造体に施工されるので問題ありません。
耐久性や断熱性能の高さで瓦を選択してます。

画像の説明


もうひとつの大きな心配が台風でも大丈夫?

ガイドライン工法なら台風も安心です。
防災瓦を採用しているので強風で瓦が飛ぶことも
ほとんどありません。
昔と違ってしっかりと留めつけられています。
優れた耐漏水性で屋根をしっかり守ります。
防音性が高いので「ゴー」という強風の騒音も
気になりません。


こんな心配はありません!!
画像の説明


画像の説明

画像の説明