2017-07-26  新聞紙

画像の説明


新聞紙の有効利用


雨で靴が濡れた時とかに新聞紙を丸めて入れておくとよく乾きます。

昨日はテレビで洗濯物の部屋干しの裏技で、洗濯物と洗濯物の間に新聞紙を吊るしたり、下に丸めてシワだらけにした新聞紙を置いておくとカラット乾くとやってました。

新聞紙は高い調湿性能を持ってます。

セルロースファイバーは新聞紙が原料


アートホームズがおすすめする断熱材「セルロースファイバー」は新聞紙から作られてます。
高温多湿な日本の気候に適した断熱材です。
昔の土壁ののような調湿性能を持ってますので、気になる壁内での結露を
防ぎます。ぎっしりと詰め込まれた断熱材は静かな空間を作り出します。
北米では空港近くの騒音対策に「セルロースファイバー」が使われてます。
防音対策としても有効です。
今は断熱性能と共に、音の問題に神経質な方も増えてます。
「セルロースファイバー」を施工しているお施主様からは
雨の降りだす音が聞こえないので困るという、うれしいクレームを
いただくことが多いです。

現在、安佐南区東野で建築中の現場でも使います。
お盆明けには、構造見学会と共に、セルロースファイバーの施工の様子もご覧いただけます。
ぜひとも現場でご体感ください。

詳しいことは追ってご連絡させていただきます。

コメント


認証コード5087

コメントは管理者の承認後に表示されます。