2017-08-10 洪水ハザードマップ

画像の説明

画像は広島市の洪水ハザードマップから引用してます


のろのろ台風5号は広島は大きな被害もなく通過しました。
各地では大きな被害が報道されています。
災害から身を守る手立ての一つとして
お住いの各市町村が洪水ハザードマップを提供してます。

あるアンケートの回答では約三割の方しか、洪水ハザードマップを
確認されていないという結果が出ました。
広島市の洪水ハザードマップはこちらで確認できます。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1477524499923/index.html
添付した画像は会社のまわりの洪水ハザードマップです。
こんな感じで自宅付近の様子が把握できます。
わが家の水害リスクがどの程度かわかります。

これまでの災害の被害の数値を参考に、一定の自然災害を想定して作成されているため、
最近は数十年に一度という想定を超えた被害が発生することもあり、
ハザードマップの予測を超える被害が生じる場合もありえます。
「わが家は浸水しない予測だから絶対大丈夫」というような過信は禁物です。
ハザードマップがリスクの高さを知るための重要なツールではあります。

ハザードマップではお近くの指定の避難場所の確認もできます。
お盆休みには家族さんも揃われると思います。
一度、洪水ハザードマップの確認や避難場所の確認、時間があれば避難場所までの
安全なルートを何もない時に確認されてはいかがでしょうか!!
お盆休みを過ぎれば本格的な台風シーズンに突入します。

コメント


認証コード8974

コメントは管理者の承認後に表示されます。