2017-11-23 完成見学会のお知らせ

小林様邸完成見学会チラシjpeg

完成見学会のお知らせです。

12/16()17()

の2日間で、お施主様のご厚意で、完成見学会を開催させていただく事になりました!

場所は呉市内神町で開催致します。

今回のテーマ


「結露しにくい家に住みたくないですか?」

結露について

寒くなる季節になってきましたが、冬になる時期にはよく「結露」が発生することは皆さんよくご存じだと思います。

しかし、実はにも「結露」が発生します!

冬の場合は表面結露と言い、ガラスの表面に水滴ができる目に見える結露の事を言います。

逆に、夏の場合は内部結露と言い、壁の内部や床下など、目に見えない結露の事を言います。

この「内部結露」が発生すると、断熱材は湿っていき、木材も腐ることで、建物の強度が低下してしまいます。

さらに、断熱材が濡れることで、断熱性能を失ってしまい、その濡れた部分にカビやダニが発生し、吸い込むことでアレルギーやアトピーなどの健康被害が発生してしまいます。

また、内部結露は壁内で起きるため、なかなか気付くことができません。

画像の説明

そのような「内部結露」を防止するために、弊社ではダブル断熱という製品を採用しています。

ダブル断熱とは、内断熱と外断熱を組み合わせた工法のことで、

内断熱には「セルロースファイバー(ファイバーエース)
外断熱には「フォルテボード

という商品を採用しています。

内断熱:セルロースファイバーの詳細はこちら
http://art-homes.main.jp/haik/index.php?QBlog-20171017-1

外断熱:フォルテボードの詳細はこちら
http://art-homes.main.jp/haik/index.php?QBlog-20171103-1

この「ダブル断熱」を採用することで、「内部結露」を防ぎ、冬は暖かく、夏は涼しい快適な生活が送れます。

家の特徴

画像の説明

弊社の家の特徴は、「点」で支える在来軸組工法と、「面」で支える2×4(ツーバイフォー)工法を組み合わせた、

耐震ストロング工法

という非常に耐震性の高い工法を採用しています。



また、地震対策として地盤保証の他に広島初液状化保証付きの家となっています。

地盤保証+液状化保証の詳細はこちら
http://art-homes.main.jp/haik/index.php?QBlog-20171121-1



画像の説明

さらに、大地震対策として、

摩擦減震装置:UFO-E

も取り入れている、地震に大変強い家になっています。

摩擦減震装置:UFO-Eの詳細はこちら
http://art-homes.main.jp/haik/index.php?QBlog-20171123-1


見学会ではセルロースファイバーの実験なども行っています。

詳しい詳細については見学会にてご説明いたしますので、ご参加お待ちしております。

コメント


認証コード5360

コメントは管理者の承認後に表示されます。