2018-05-27 断熱のこだわり

アートホームズの森本です。


弊社では自然素材を使用するこだわりの他に断熱についても強くこだわっています。(^^)/

家の断熱については大きく「内断熱」と「外断熱」の2通りあるのですが、弊社ではこの「内断熱」「外断熱」の両方を使用した、

ダブル断熱

と言う断熱方法を採用しています。

このダブル断熱は非常に高性能なため、弊社の仕様で95%ほどのお客様がこのダブル断熱仕様を選ばれています。(^^)v

画像の説明

選ばれるには理由があります。(^_^)

「内断熱」と言いましても、使用する断熱材の種類はグラスウール、ロックウールなど様々な種類があります。

その中で弊社は最強の断熱材と呼ばれている断熱材を使用しています。

画像の説明

最強の断熱材とはセルロースファイバー(ファイバーエース)です。

このセルロースファイバーは断熱材の中でもトップクラスの高性能断熱材で、某有名住宅リフォーム番組の建築士さんもセルロースファイバーを多く取り入れている優れものです。



画像の説明

セルロースファイバーの主な原料はなんと新聞紙です!(^^)/

その新聞紙を細かく粉砕したものなのでエコな断熱材になります。(^_^)

セルロースファイバーの主な特徴としては、高い調湿性能を持っているため、結露を防いでくれます!(^^)/

虫

害虫についてもゴキブリ(ホウ酸ダンゴ)団子でお馴染みのホウ酸に似た成分(ホウ素系薬材)が含まれているので シロアリ等の防虫(殺菌)効果があります!(^^♪

またホウ素系薬剤というのは、眼科でも殺菌洗眼に使われている薬剤のことなので安全です。(^^)/

さらに、そのホウ素系薬剤が含まれていると燃えづらくなります。セルロースファイバーは新聞紙でできているので 燃えるのではないかと思われますが、ホウ素系薬材という成分が22%入っているため、難燃性があります。

画像の説明

そして、セルロースファイバーのトップクラスの強みが防音効果です!\(^o^)/

音を吸収するたくさんの小さい穴(多孔性)を持つセルロースファイバーは、高密度に充填することにより、音を伝える役割を果たす空気が少なくなるので、車の音や話し声などの騒音があまり聞こえなくなります。

例として、海外では近くに空港や基地付近に建てている住宅はほぼ、このセルロースファイバーを使用している傾向です。(^^)v

また、アメリカではセルロースファイバーの普及率は、日本で一番使われているグラスウールよりも高いんです。(^^;)

では何故日本ではセルロースファイバーが高性能断熱材なのに普及しないのでしょうか?

画像の説明

原因は施工費の高さにあります。(>_<)

性能はいいのですが、特殊な施工のため、なかなか金額的に手が出せない断熱材というのが今の現状です。

しかし、アートホームズでは無駄を省いてできるだけセルロースファイバーを安く仕入れ、施工は自社で直接施工をするという方法を取り入れているため、他社と比べて格安でセルロースファイバーを提供できるようにしています!(^^)v

これが、弊社が内断熱として使用している断熱材になります。(^_^)

このセルロースファイバーがどれほどまでにすごい断熱材なのかが理解して頂けたでしょうか?(^^♪

次回は「外断熱」についてご説明しようと思います。

コメント


認証コード9486

コメントは管理者の承認後に表示されます。