2018-05-31 打ち合わせ

アートホームズの森本です。


今日は、注文住宅を建てる際の「打ち合わせ」について書いていこうと思います。(^_^)

注文住宅をご契約された際に必ず行われる打ち合わせですが、これは建物の間取りや外観、使用する住宅設備や材料、小物類または外構工事など、様々な事を決めていく大事な時間です。

この打ち合わせの内容が濃いければ濃いほど、お客様がご要望している理想のお家に近づいていきます。(^^)/

ですので、基本的に打ち合わせと言うものは複数回に分けて行っていきます。

画像の説明

そして、打ち合わせのたびに話し合って修正した部分をcadで作り直し、A3用紙に直した図面などを提示して決めていくのが一般的です。

しかしここでひとつ問題があります。

用紙に記載されている間取りや立面図を見ても、一体どんな感じの家が建つのかは工事が始まってある程度家の形がわかるようになった段階でないとわかりません。

万が一家の形や室内の雰囲気が思っていたのと違うとなっても、またイメージに近い家に作り直すのは非常に困難です。(>_<)

では打ち合わせの段階で家の形や室内の雰囲気がイメージできるにはどうすればいいでしょうか?

弊社では注文住宅での打ち合わせの際にあるシステムを導入しています!(^^)/


最終1

大賀様邸LDK1

それがこの3Dcadです!(^^)v

この3Dcadを打ち合わせのタイミングで修正しながら見ることで、家の形や室内の雰囲気がイメージしやすくなります。

また、外観の色を変えたい場合でも3Dcadなら簡単に変えれることができるので、外観の色がどれがいいのか決めやすくなります。(^^)/

このような感じで見せることで、完成したお家がどのような感じなのかがひと目でわかります。(^^♪

さらにすごいのが、3Dcadと言っても色々と種類があるのですが、

弊社の3Dcadでは「ウォークスルー」と言って実査に3Dcadで作成したお家の中に入れる疑似体験ができます!(^^)/

写真 2017-12-03 16 43 09

また、弊社が打ち合せするスペースにはより室内に入っているような感覚を出すために55型の液晶テレビを搭載しています!(^^)v

実際に弊社の3Dcadを利用した打ち合わせを体験したお客様には「非常にイメージしやすい!」「わくわくした気持ちになる!」等の非常にありがたいお言葉を頂いています。(^_^)

今の時代図面が描かれた用紙だけで打ち合わせをする時代は終わりました。

これからは3Dcadを利用した近未来型の打ち合わせです!\(^o^)/

これから新築をご検討している方!

アートホームズの近未来型打ち合わせを体験してみませんか?(^^)/

コメント


認証コード7947

コメントは管理者の承認後に表示されます。