2018-06-04 消費者を守る

アートホームズの森本です。


画像の説明

弊社では主に注文住宅を提供していますが、一生に一度の高額な買い物である「家」はお施主様にとっては生涯を過ごすため快適な環境でなければなりません。

しかし、万が一家が完成して住まわれたときに床が傾いていたり、雨の際に雨漏りが発生しだすと、一気に住みずらい環境になってしまいます。(>_<)

原因は施工不良の場合もありますが、材料自体に何らかの問題がある場合もあります。

こういった品質が著しく低下してしまっている材料、要は欠陥品になっている状態のことを「瑕疵」と言います。

瑕疵」の状態になっているということはしたり、その部分を補修したり場合によっては損害を賠償したりすることもあるのですが、これらの行為の事を「担保」と言います。

もしも契約したもの(新築住宅)に瑕疵があった場合、これを補修したり、瑕疵によって大きな損害が出た場合は賠償したりすることができるということで、このことを先ほどの2つのフレーズを繋げて「瑕疵担保」と言います。(^^)/

ではこの「瑕疵」の対策はどうすればいいのでしょうか?(^^♪

画像の説明

住宅事業者には「瑕疵担保責任」という義務があり、新築住宅に瑕疵があった場合は費用を負担して直さなければいけない法律があります。

この法律のおかげで、お客様が快適に生活ができる環境をつくることができます。(^_^)

もちろん、弊社はこの「瑕疵担保保険」の加入をしていますので、万が一ですが、新築住宅の瑕疵によって生活に何らかの影響が出た場合でも、住み始めて10年間はお客様に少ない負担で瑕疵の補償ができるようになっていますので安心です。(^^♪

さらに、もし住宅事業者が倒産してしまった!(゚Д゚;)っという時でもお客様が直接瑕疵担保保険を提供している保証機構にご連絡すれば、お客様が直接保険金を請求することができます。(^^)v

弊社の注文住宅はもしも瑕疵があった場合でもすぐに対応ができるようにバックアップ体制を取っていますので、安心して快適な生活スタイルを提供することができるのです。(^_^)

倒産してしまった場合とは言いましたが、現在のアートホームズは、

広島の注文住宅で一番行列のできている会社

になっておりますので、そのご心配はありません!(^^)v

是非一度弊社の家づくりを弊社ショールームで聞いていただければと思います。(^^♪

『よく日本のメーカーは「いい商品だから売れる」と言いますが、いい商品をいくら作っても売れなければ意味がない。』

~ジャパネットたかた創設者 高田明社長の名言~

コメント


認証コード7220

コメントは管理者の承認後に表示されます。