2018-06-28 フローリング材

アートホームズの森本です。


家づくりを考える際に色々なヶ所で悩まれることがかなり多いと思います。(^_^)

例えば住宅設備はどのメーカーにするか?

外壁は何で仕上げるか?

壁紙、塗り壁の色は何にするか?

窓はどの種類を付けるか?

などなど考えないといけないことが山ほどあります。(^^;)

画像の説明

中でも床材の種類については部屋の雰囲気や肌ざわりなどこれから住まわれるにあたって重要な部分になりますので、ここも悩みの種になると思います。(^^)/

床材といってもクッションフロアやタイル、カーペットなど様々な種類がありますが、弊社では主にフローリング材を採用していますので、今日はフローリング材について簡単に説明しようと思います。(^^♪


写真 2017-10-02 8 05 33

この写真は弊社ショールームの床材コーナーなのですが、約100種類ほど展示しています。(^^)v

弊社では実際に床材を目で見たり質感などがわかりやすく体験できるように様々な種類のフローリング材を展示しています。(^_^)

また、この床材は全て無垢材のフローリングになります。

弊社ではフローリング材を使用する場合は無垢フローリングを使用しています。

一般的に、ローコスト住宅を強みにしているハウスメーカーや建売住宅の場合では、商品の安さを考えて合板フローリングという材料をよく使用しています。

写真 2017-12-25 12 14 31

これが合板フローリングというものですが、断面を見ると何層にも薄い板が接着剤で貼り合わせています。

安さが売りのフローリングですが、無垢フローリングと違い歩く際に冷たい印象を受けがちです。

さらに、何か物を落として傷ができた際に、下の薄い板の部分が見えたりした場合は削ったりしても修復できなくなります。(>_<)

続いて無垢フローリングについて説明します。(^^)/

画像の説明

これが無垢フローリングです。

無垢フローリングは断面が合板フローリングと違い一枚板の100%天然木を使用したフローリングの事を言います。

無垢フローリングの場合、合板フローリングと違って高級感が出ますし、木目の柔らかい肌触りを感じることもできます。

また、湿気を保つ調湿機能を持ち、年を重ねるごとに味わいが増していく点も魅力の一つです。(^^)v

他にも合板フローリングは歩く際に冷たい感じがするのに対して、無垢フローリングは足に優しく木のぬくもりを感じることができます。(^^♪

もしも物を落として傷がついた場合でも一枚板なので、表面を薄く削れば合板フローリングでは修復不可能な傷を消すことができます!(^^)/

さらに弊社が使用する無垢フローリングは一般的に厚みが9mm、12mm、15mmあたりがよく使われているフローリングなのですが、

写真 2017-12-25 12 14 54

弊社が採用している無垢フローロングは20mmを使用しています!\(^o^)/

20mmの厚みにすることで、さらに木の柔らかいぬくもりが感じられ、高級感のあるフローリングになっています。(^^)v

フローリング材はこれから住まわれる部屋の快適性に大きく左右されます。(>_<)

どのような床材があるのか気になる方はお気軽に弊社ショールームへお越しください!(^^)/

『心と直感に従う勇気を持ちなさい。それは、あなたのなりたいものが何なのか知っているものだ。それ以外は、二の次でいい』

アップル創設者 スティーブ・ジョブズの名言

コメント


認証コード0095

コメントは管理者の承認後に表示されます。