2018-07-07 経験したことのない大雨

アートホームズの森本です。



写真 2018-07-07 15 43 52

昨日の大雨は本当に今まで経験したことのない、長時間にわたって降り続いた大雨でした。

携帯の緊急速報も立て続けに鳴り続けて、しばらくは長い間雨模様なのは分かっていましたが、まさかここまで甚大な被害が起こるとは思ってもみませんでした。

今回の豪雨災害で、広島県で初めて大雨特別警報」が出たそうです。

また、福岡県、佐賀県、長崎県、広島県、岡山県、鳥取県、京都府、兵庫県の1府7県と広範囲に渡って「大雨特別警報」が出たのも今回が初めてだそうです。

弊社の事務所は安佐南区の古市という場所にあり、古市の方は大丈夫だったのですが、以前土砂災害のあった近くの八木や可部方面は避難指示が出たり、隣の安佐北区の口田でも土砂災害があったり、安芸矢口駅も完全に浸水していたりと近くでも大きな被害がありました。

今日の早朝に車を運転したのですが、土砂崩れや道路の陥没などの影響もあり通行止めの箇所も多く、交通は完全にマヒしていました。

近年の豪雨災害は年々、被害が多くなっており、雨量も多くなっている傾向にあるように思います。

これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

広島に至っては平地よりも山地が多く、県の山の半分近くは花崗岩(非常にもろく簡単にボロボロになる岩)でできた山になり、土砂災害の恐れのある「土砂災害警戒区域」が全国最多になります。

今回は土砂崩れの影響で亡くなられた方がいましたが、もしも自分の家周辺が「土砂災害警戒区域」と認識していたら、大雨の危険な状態の場合、事前に余裕を持って避難できたのかもしれません。

では自分の地域でどこが「土砂災害警戒区域」かがわかるのか?

写真 2018-03-10 14 35 16

この資料は洪水ハザードマップと言われるもので、大雨による被害がどの範囲に影響があるのかを想定した内容や、避難の際の近く避難場所や想定される浸水場所や深さなどが記載されています。

ハザードマップ

例にこの資料が今回冠水した安佐北区の矢口周辺のハザードマップになります。

赤丸の部分が今回冠水した安芸矢口駅なのですが、資料を見ると確かに浸水する箇所の色が付いています。

この洪水ハザードマップを見て、一度洪水ハザードマップの確認や避難場所の確認、時間があれば避難場所までの安全なルートを何もない時に確認されるのがいいかと思います。

また、ハザードマップは役所に行けばもらえますし、インターネットでも見ることができます。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1477524499923/index.html

今回の豪雨被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、
一日も早い復旧をお祈りいたします。

アートホームズ株式会社 社員一同

コメント


認証コード9759

コメントは管理者の承認後に表示されます。