2018-07-08 断水

アートホームズの森本です。


西日本で続けざまに集中豪雨が続いています。

今日のニュースでは岐阜県、愛媛県、高知県にも「大雨特別警報」が発表されていました。

各県で一時間に100mm以上の猛烈な雨に見舞われたそうで、この一時間に100mm以上の雨は4年前の広島で起こった土砂災害に匹敵するほどの雨量です。

今後さらに各地で深刻な被害が予想されます。

昨日は家に帰るなり、各地の災害情報をテレビで見続けていましたが、被害の状況がかなりの広範囲に渡っていることを再認識しました。

在来線も復旧のめどが立たず、高速道路もいまだ通行止め、中国地方の大動脈である国道2号線も通行止めの箇所が多く、復旧にはかなりの時間がかりそうです。

テレビを見続けていると、被害状況と同時によく耳にした言葉があります。

画像の説明

「断水」です。

各地で水道管が寸断され水の使用が広範囲でできなくなっているとのことで、各避難所に応急給水拠点が急ピッチで配置されているそうです。

豪雨災害では去年発生した九州豪雨の場合も同じく、断水の影響で水の供給ができないことが問題になっています。

そこで、もしも断水しても短期間の場合であれば、水不足を解消する方法があります。

写真 2017-10-20 13 08 36

エコキュートを取り付ける方法です。

画像にある縦に長い装置は「貯湯ユニット」というもので、この貯湯ユニットの中にあらかじめ約400ℓほどの水が蓄えられています。

ですので、この様な水が必要な時に貯湯ユニットから直接水を出すことができるので、断水していた場合でも水を使用することができます。

弊社の注文住宅でもこのエコキュートは積極的に取り付けをおススメしています。

400ℓもあれば、トイレや洗濯に使う水などにも使えるので、エコキュートは災害時に非常に活用できる商品だと思います。

今日でひと通り雨の日も終わり、明日からようやく天気が良くなるそうですが、各地方で被害が出ているところの一日も早い復旧、復興を願います。

コメント


認証コード3641

コメントは管理者の承認後に表示されます。