2018-07-27 異常なルート

アートホームズの森本です。



画像の説明

今週末に台風12号が本州に上陸するというニュースを聞いていましたが、昨日の天気予報を聞くと広島を通過する異常なルートになっていて驚きました。

今まで広島で右から左に台風が通過することってあったんですかね?

岡山も含め豪雨災害による被災地ではまだまだ復興するまでに時間がかかるタイミングで今回の台風は非常に心配です。

再び大きな被害に見舞われないように、台風被害を最小限に抑えるよう対策が必要です。

まず、家の周りに側溝や排水設備がある場合、枯葉や土などの影響で排水機能を十分に満たしていない場合があります。

その場合は排水設備の水はけをよくするために除去しておくといいです。

台風で恐ろしいのはやはり「」です。

外回りにあるプランターやゴミ箱、プロパンガスなどは飛ばされないように家の玄関などに入れれる物は入れて、大きい物はチェーンや紐で縛っておくといいです。

雨戸やシャッターがある場合は物が飛んできてガラスにあたらないように閉めておきましょう。

家の中の対策では、ガラスにガムテープで×印や格子状に貼っておくことでガラスの飛散防止になります。

台風による被害ではガラスが割れとこによる怪我や、割れたガラスを誤って踏んでしまい怪我をしたケースなどが多いです。

物が飛んできて割れそうな位置に窓がある場合は貼っておいて損はないと思います。

また、最悪は場合、停電断水になる可能性もあります。

断水や停電になると水不足品不足になる場合があります。

豪雨災害の影響で、皆さんの意識は高いと思いますが、事前に最小限の食料や飲み物を購入しておいた方がいいです。

ですが、他の方も購入するので買いすぎには注意しましょう。

停電に備えて懐中電灯やろうそく、ライターなども事前に準備しておくのがいいです。

また、台風情報に備えてラジオもあれば便利だと思います。

以上簡単ではありましたが、今回の台風は異常な動きをしているのでどれほどの強さになるのかわかりません。

気象庁も今回の台風は通常とは異なるコースであるため、雨の降り方や波がたつ具合などがわからず、これまでの経験が通用しない場合があると警告しています。

被害が拡大しないように最低限の対策をとりましょう。

コメント


認証コード0909

コメントは管理者の承認後に表示されます。