エアコンの設定温度

28℃


施主OBの吉岡です。
梅雨明けとともに猛暑がやってきました。エアコンの設定温度を皆様はどうされてますか?
冷房の設定を省エネ温度の28℃とよく聞くと思います。ところが28℃に設定すると部屋の温度が30℃以上になることがあり、とっても不快で過ごせないという経験はありませんか?

実は温度を計測する温度センサーがエアコン内の熱交換器の近くに設置してあることが多く、実際の室温を計測していないエアコンの機種が意外と多いのです。そこでエアコンのリモコンの設定を28度にしておくと室内は暑くてたまらない、最悪、熱中症になるということもあります。

リモコンの設定温度に関係なく、室内に温度計を置いて室温を確認して、28℃位の室温で冷やしすぎないようにするというのが大切です。そして、エアコンの風だけでは冷やしきれない空間も発生します。そこで温度差が発生します。条件によっては6℃位の温度差で「結露」が発生します。「結露」によるトラブルが発生する可能性もあります。

家のエアコンはエアコンのサイドに送風機能が付いている機種なので幅広い範囲に風を送ってくれます。これで室温のムラが少なくなってます。
付いてない機種では扇風機や送風機で冷たい空気を拡散させる工夫をされると快適で省エネ・「結露」によるトラブル回避にもなります。

コメント


認証コード8913

コメントは管理者の承認後に表示されます。