暑い夏には外断熱

画像の説明


この暑さで断熱の性能の違いを実感してます。お隣さんはどこにでもあるような建売の家です。暑くて全くエアコンが効かないそうで、まだ新しいのですがエアコンの付替工事をされるそうです。もっと、強力なエアコンにされるそうです。

うちは夏場でもエアコン一台で冷やしてますと話すと複雑そうな顔をされてました。実際、外出後帰宅したときにエアコンが付けて無くても、なんとなく涼しいという感じがします。

画像の説明

これが普通の建売仕様の家の場合の断熱の状態のイラストです。どうしても柱や梁、土台、筋交いのところには断熱材は入らないので、断熱のムラが発生します。サーモカメラで確認するとしっかりと構造体のところだけ色が変わってくることになります。ここから強烈に熱の出入りが起こります。

軽量鉄骨などの鉄骨系の家では木よりも熱伝導率が高いのでもっと激しく熱の出入りがあり家全体に熱が伝わります。夏は過ごしにくい家となります。(長い間鉄骨系の家に住んでいたので体験してます)

画像の説明

アートホームズの家はここに外断熱の断熱材を均一にムラ無く貼っていきます。外から貼るので窓以外は均一な断熱効果のある断熱材がはられることになります。これでしっかりと断熱されて快適な住空間ができることになります。

毎日、強烈な暑さが続いてますが、やはり外壁側でしっかりと熱を止めるのと、外壁が高温となっている、その後ろで熱を止める、それも断熱にムラがあれば部屋の中の温度に差ができるのは一目瞭然のことです。
大きなエアコンを付けても全くエアコンが効かない家が多いそうです。
家の中にいて熱中症という話も増えてます。

これから、もっと夏の気温は高くなると言われてます。これから家を検討されている方はしっかりと検討されると良いと思います。家の違いでエアコンの効きは物凄く違います。