暑さに負けず

アートホームズ 吉村です。

突然ですが、連日の暑さで夏バテされていませんか?
先日、我が家のわんこと遊んできたのですが、愛犬より先にばててしまいました(笑)

画像の説明

お話逸れてしまいましたが、本日のテーマは「夏バテ」です。

夏バテ

「夏バテ」とは、主に夏の厳しい暑さで自律神経の乱れが原因といわれています。
現在では、エアコンなどの空調設備のおかげで、快適に過ごすことができます。
しかし、屋外と室内の急激な温度差が私たちの体に負担を掛けてストレスにとなっているようです。
体は気温差が「5℃以上」になると、ストレスを受けるといわれています。
暑い日に、涼しい室内と気温も湿度も高い屋外を、何回も出たり入ったりすると、体が受けるストレスは想像以上に大きく「体温調節機能」の働きをする「自律神経」が、うまく機能しなくなります。

人は高温・多湿な状態のときは、「体温を一定に保つ」ため「汗をかいて体の熱を外に出す働き」でエネルギーを多く使います。
そのため、高温・多湿が続き、体にかかる負担が大きかったりすると、エネルギー不足になり体温の調節がうまく働かなくなり、体の熱が外に出にくくなります。
このような状態が続くと、食欲がなくなる・全身のだるさ・下痢・便秘さらに頭痛・発熱・めまいなどの症状が出てきます。
これが「夏バテ」といわれています。

対策には

睡眠と朝食が大切なようです!
入眠して3時間、または22時~2時までが睡眠ゴールデンタイムとなり、成長ホルモンが分泌され、日中の身体へのダメージ回復にも有効なとても重要な時間です。

また朝食を摂ることで脳の働きが良くなり、自律神経のバランスもとれ交感神経も良くなり身体にかかるストレスに強くなると言われています。

水分補給も水やお茶だけでは体内の塩分濃度が下がり、身体に十分な水分を蓄えられなくなり、発汗しにくくなってしまい、体温調節がうまくできなくなってしまいます。
水分と同時に塩分、糖分もバランスよく摂取することが重要なようです!
スポーツドリンクや、経口保水駅など吸収率も良くオススメです^^

睡眠不足・疲れ・食欲不振などで、重症化したり、慢性化する場合もあるので「夏バテ・夏ストレス」のことを知り、しっかり対策を立て
ていきたいですね^^


次回へ続く