2020-01-16 朝、まずやることは窓拭き(結露の水)

画像の説明


施主OBの吉岡です。今年もよろしくお願いします。
さて、朝起きて最初にされることは何でしょうか?
窓にたっぷりと張り付いた結露の水を拭き取る・・・・こんな人も多いのではないでしょうか?
結露しない家は楽ですよ!!

朝、外に出ると隣の奥様が2階の部屋の窓ガラスを一生懸命、タオルで拭いておられました。流れるほどに見えます。多分、寝室だと思います。
四人家族であれば人から12リットル程度の水蒸気が発生していると言われてます。
よく、人生の1/3は睡眠とか言われてますが、1/3は寝室で過ごします。
そこで寝室での窓ガラスの発生率も高くなります。

ペアガラスでも結露

ペアガラスにしたから、結露しないということはありません。お隣さんもしっかりペアガラスにされてます。しかし、しっかり結露しています。
結露は6℃~8℃以上の温度差があって、湿度が高ければ発生します。
大人、お二人ですと相当の水蒸気を発生させます。換気装置がしっかり換気していれば、それほどひどくなることもないですが、換気不足やフィルターが汚れていたりすると正しい換気が出来ていないこともあります。どうしてもペアガラスでも壁よりは温度が低くなるのでガラスに結露します。

現在の日本の家のスタンダードはビニールクロスに、塗装済みの床、ビニールシート仕上げの建具や内装材と調湿性能のあるものは皆無です。
自然素材にこだわったアートホームズの家では、家全体が調湿性能が高いので、いつも部屋の中を快適な状態にしています。
そこで寝室であっても窓カラスが結露するということは一度もありません。

怖いのは見えない場所に起こる「結露」

窓ガラスは目に見えて「結露」するのですが、怖いのが目に見えない場所の結露です。例えば壁の中でも同じように「結露」は発生してます。
気が付かないし、拭くことも出来ない、放置状態で、そのうちカビや腐敗菌が増殖となります。気が付かないので劣化がどんどん進んで行きます。腐ると強度の低下、耐震性が下がったり、建て替えが早まったりします。

日本の住宅の寿命は25年から30年と短命です。主な原因は壁内結露だと言われてます。一生に一度の大きな買い物が、人生のうちでは2回、3回と家を建てる方が増えてます。長持ちする家を選びたいものですね。

コメント


認証コード0000

コメントは管理者の承認後に表示されます。