2020-04-02 換気装置

画像の説明


施主OBの吉岡です。
先日、全館冷暖房・第一種換気システムのお宅にお邪魔する機会がありました。
各部屋をダクトでつないで換気と冷暖房を行う家です。

さすがに家のどこも、ほとんど同じ温度で暖かく温度的には快適でした。
この換気システムは種類があって、熱交換の時に熱だけを交換するものだと新鮮な空気が暖められるだけで部屋に戻ってきますが、中には部屋の汚れた空気と新鮮な空気が混ざってしまうシステムもあるようです。

画像の説明


どうもその家は空気が混ざる仕組みのようで空気の新鮮さが感じられませんでした。なんとなく濁った感じがしました。
家内も同行したのですが、夫婦とも酷いシックハウスのため、家内はすぐに家の外に出ました。私もすぐ後で家人と外で話しました。

シックハウスもそうですが、今、はやりのコロナウイルスに感染した場合も考えるとこの換気システムはまずいような気もしますね。一部の報道では第一種換気システムをコロナ対策でスイッチを切ったほうが良いのではと流れてました。

人が一日に摂取する空気の量は1万4000ℓぐらいといわれてます。新鮮で安全な空気を摂取できないと健康でいられなくなるということになります。

今後は家の耐震性や強度、断熱性とともに空気の質についても検討する時期に来ていると思います。

コメント


認証コード7147

コメントは管理者の承認後に表示されます。