2020-09-27 音にお悩みなら

画像の説明


昨日は騒音と睡眠の話題でしたが、今日も音について取り上げます。

よく、お施主さんの要望で家で遠慮なく「カラオケ」や「楽器の演奏」をしたいという話があります。

日本では家と家が1mくらいしか離れてない建築地が多く、かなり厳しい要望となります。

防音ルームとなるとすぐに数百万円、地下室を検討すれば地下室部分は坪当たり200万位かかってしまいます。掘るとすぐに水が出るような土地も多く現実的ではないです。

ところが意外と簡単に実現する方法があります。

断熱材を検討してみてはいかがでしょうか?

弊社が採用している「断熱材セルロースファイバー」は、断熱材ですが防音対策にも効果的です。以前からお伝えしてますが北米では空港周辺の騒音対策に使われてます。

セルロースファイバーは多孔性な断熱材です。音がそこを通過すると振動が熱に変換されていきます。

そのセルロースファイバーを高密度で充填施工、壁の中に吹き込んでいきます。

この高い密度とセルロースファイバーの持つ特性が高い防音効果をもたらしてくれます。

それに比べて日本で使われるグラスウールはスカスカで音に対してはそれほどの効果はありません。

以前、アメリカ製のグラスウールを見せてもらいましたが日本製に比べて密度も高く、重量もありました。

防音と密度の関係は強いです。アメリカ製のグラスウールを使用した輸入住宅は日本製のグラスウールを採用した家とは別物で静かでした。

日本では湿度も高く、壁内結露の問題もあるのでセルロースファイバーの使用がベストに感じます。

家の中で楽器を演奏したい方、カラオケを楽しみたい方にオススメです。

ご体感できますので弊社にお気軽に相談ご連絡ください。

スタッフ一同お待ちしております。

ご相談はこちらまで 082-836-3881

コメント


認証コード4020

コメントは管理者の承認後に表示されます。