2020-10-19 withコロナ

画像の説明

画像の説明



コロナの収束が見えないというより、欧州では第三波でしょうか?

再度、蔓延中みたいですね。

対策として手洗い、うがい、消毒、マスクという新しい生活習慣が定着し始めています。

ところがほとんどの家が、玄関→ホール→廊下→洗面室と意外と長い道のりだと思います。

最近の間取りは水回りを集中させているのでキッチンの近くに洗面室がある間取りが多く「リビング」を通過という家も多いです。

コロナ対策的にはまずいですね。

外から帰って、本当はできるだけ早く「うがい」や「手洗い」をしたいところだと思います。

画像は山本モデルハウスのものですが玄関ホールの一角に手洗いを付けてます。

ここで汎用品の手洗いボウルを付けると「ダサく」なりますよね。

画像の説明

弊社自慢のメキシコシンクのボウルを入れます。

おしゃれに見えると思います。

''withコロナの新しい間取りの提案です。''

玄関だけでなく、手洗いが見えてしまう間取りの時はこのメキシコシンクを多用してます。

プラスウイルス対策バッチリの家

以前からお伝えしてますが、塗り壁や無垢の床材は抗ウイルス性が高くウイルス対策バッチリの家です。

家族が健康で安心して住める家を建てませんか?

コロナ感染が怖いのは、命に関わる問題ですし、感染者さんの中には「後遺症」に悩まれる方も一部であるようです。

まずは感染しないことが重要ですね。

あなたの検討されている家はコロナ対策が十分ですか?